プロフィール


プロフィール

 

安田 真規 (ヤスダ マサノリ) 

 

【資格】

  特定非営利活動法人 日本ロルフィング協会会員

 ・米国Rolf Institute認定ロルファー(Certified Rolfer)

 ・米国Rolf Institute認定アドバンストロルファー (Certified Advanced Rolfer)

 ・米国Rolf Institute認定ロルフムーブメントプラクティショナー(Certified Rolf Movement Practitioner)

 ・理学療法士

 ・整体師(やすだ整体院 院長)

 

【職歴】

リハビリテーションセンター勤務

・整形外科 リハビリ部門 勤務

・訪問看護ステーション勤務

  

【講師活動】

・朝日カルチャーセンター 講師

・日本エイジング予防ヨガ・セラピー協会/JAYA 講師

・産経学園、銀座おとな塾 講師 

 

                      

【ロルファーになるまで】

 

幼いころから走ること、サッカーが好きでボールが見えなくなるまで遊んでいるような子どもでした。

身体は硬い方だったので怪我も多く、身体の不調に悩まされることは多かったです。

 

進路を決める時は、お年寄りが身近であったことと、自身の怪我の悩みがあったため、自然と医療・福祉の分野で仕事がしたいと考えて理学療法士を目指し、大学へ入学しました。

 

理学療法士となってからはリハビリセンターに就職し、主に脳卒中後のリハビリを担当しました。

大切な期間のリハビリを任される責任とやりがいを感じ、何とかしたいという気持ちから様々な勉強会に参加しました。

この頃から理学療法士の技術に関わらず自分自身で体験して、見極めていくという習慣がつきました。 

 

その後整形外科へ就職し、毎日大勢の方の施術をしました。

怪我や手術後、慢性的な痛みのある方を担当する中で、一部が良くなってしばらくすると別の場所の訴えで再来院する方が多くいらっしゃいました。

何年か経験を積むと最初の症状と後から出てきた症状になんとなく関連性があることを感じる 

ようになりました。

もっと全体的に人の身体をみることは出来ないかと探している時に、出会ったのがロルフィングでした。

 

ロルフィングを知ってからすぐにセッションを受けました。疲れてくると肩や腰がこわばり痛むことがありましたが、しばらくすると仕事量は変わらないのにそれが起こらない事に気がつきました。自分の身体で体験し、効果と全体をみる考え方に惹かれロルファーとなることを決めました。

 

リハビリの仕事をしながら日程を調整してロルフィングのトレーニングを受けました。

トレーニングを受ける中で、少しずつ見方が変わり、理学療法士としてのリハビリも少しずつ変化していきました。

理学療法士が用いる運動学も大切ですが、実際の人間は生きていて、常に動いているということです。

見つけた制限に固執して働きかけるよりも、全体の動きや循環を良くして身体が回復するようにみていくことの大切さを学びました。

 

その後も学び続けて、日本古来・発祥の整体などに惹かれ整体院を開きました。

アプローチ方法は違えど、「治す」というより呼吸や循環を改善して治せるからだに近づけていくような在り方はロルフィングと共通している所です。

 

どんな手法であれ構造的にバランスを変えていくことにはリスクがあります。

硬くなっている部分は、身体にとっては意味があって硬く保持しているからです。

ロルフィングには安全に、よりよく変えていけるコンセプトと「レシピ」があります。

 

その場限りではない体調の改善のために、多くの方にロルフィングを提供していきたいです。 


お知らせ


講座のお知らせ

 

 

現在準備中

掲示板


日本エイジング予防・ヨガ・セラピー協会/JAYA

 こちらで解剖学の講座をしています。

 基礎的な知識を座学とからだを動かす事で学んでいきます。

  詳細はこちら


最近のブログ